エンジンオイルの交換時期

自分の車を初めて持ったり、以前から自家用車がある方でも普段のメンテナンスがあまりわからないもののひとつにエンジンオイルの交換があります。
エンジンオイルは非常に重要なものなので、適切な時期に交換をして最適な状態を保ちましょう。

エンジンオイルの交換

エンジンオイルの適切な交換時期

交換時期は走行距離で判断する場合と前回交換してからの時間によって判断する方法があります。
普段から車を利用される方は走行距離、あまり利用していない方は時間で判断することが多いですね。

走行距離で判断

3,000〜5,000kmくらいの走行で交換しましょう。
これ以上長い距離を走行した場合、オイルの劣化が進んでエンジンに負担がかかり先々故障の原因にもなります。

時間で判断

普段あまり運転しない場合でも6ヶ月に1度は交換するようにしましょう。
走っていなくてもオイルは酸化して劣化するので、交換せずに長い期間放置するのはエンジンにとってあまりよくありません。

オイル交換を行なってくれるところ

オイル交換は整備工場やオートバックス、イエローハットのようなカー用品店、ディーラーが一般的です。
ガソリンスタンドでやってくれるところもありますが、最近はセルフのスタンドが増えているので受け付けていないところもあります。

オイル交換の値段・費用

これは車種や使用するオイルの種類によっても異なりますが一般的な乗用車の場合、工賃も含めて3,000円〜10,000円くらいになるでしょう。
カー用品店あたりが一般的な料金でディーラーになるとちょっと高くなる場合があります。
車種によって使用するオイルの量も違うので、詳しくは交換してもらうお店に相談することをおすすめします。

余談ですが私の車はアメ車で大排気量のため値段も15,000円くらいに・・・笑

2回に1度はエレメント(フィルター)も交換

オイル交換とあわせてエレメント(フィルター)も交換しましょう。
このエレメントはいわゆるフィルターでエンジンの汚れを濾過してくれるものなので段々汚れてきます。
なのでこのエレメントも時々交換する必要があるのです。
値段はこれも車種によって変わりますが、3,000円程度は見ておいた方がいいでしょう。
ただエレメントは一般的は毎回ではなく、オイル交換2回に1回の割合で大丈夫です。

まとめ

エンジンオイルの交換は車をいい状態で長く維持するのにとても大事なメンテナンスのひとつです。
普段から気にするようにして車を大事にしましょう。

Posted by す〜