個人や会社のWebサイトやブログの作り方

webサイトの作り方

webサイト、最近は企業だけではなく個人でも作る方が増えてきましたね。
特に個人の方はブログ形式のものが多い感じ。

この記事では様々な制作方法を紹介しますので、ご自身に合った方法でお試しください。

無料ツールでWebサイトを制作

オンライン上で作る様々なサービスがあります。

Ameba Ownd(アメーバオウンド)

アメブロで有名なサーバーエージェントが提供しているWebサイト制作ツール。
無料で作ることができ、独自ドメインなども使用可能です。

Webサイトの制作の知識がない人でもデザインを選択してスマートフォンにまで対応したWebサイトが短時間で制作可能です。

Ameba Ownd

Jimdo(ジンドゥ)

Jimdoもオンライン上でWebサイトの制作が可能なツールのひとつ。
無料のプランから有料までいくつか選択ができます。
無料プランは広告の表示あり。

全てレスポンシブデザインなのでスマートフォンからパソコンまで最適化したWebサイトが作れます。
個人から商用まで幅広く対応しているサービス。
Jimdo

WIX(ウィックス)

こちらも無料から有料まで様々なプランがあるWebサイトの制作ツールです。
テンプレートを選択して作るので、初めての人でも比較的簡単に作ることが可能です。

独自ドメインで制作するには有料プランを選択する必要があります。

WIX

ホームページ作成ソフトを使用

ホームページを作成するソフトの代表的なものは「ホームページビルダー」や「Dreamweaver(ドリームウィーバー)」などがあります。

このようなソフトは購入後、パソコンにインストールして作っていきます。
Webサイトの言語であるHTMLやCSSの知識がない人でも作ることが可能です。

ただある程度パソコンを使える人に限ってきます。

ホームページの公開には別途サーバーが必要になり、一般的にはレンタルサーバーを利用します。

WordPressで構築

WordPress(以下WP)というブログ構築のための無料で使えるオープンソースがあります。
このWPをレンタルサーバー内でインストールしてブログやWebサイトの構築ができます。

WPの場合、デザインは「テーマ」といい、無料のものなどWeb上に沢山公開されているので、それをダウンロードしてデザインを反映させることができます。

流れは以下になります。

  1. レンタルサーバーの申し込み
  2. サーバーの管理ページ内でWordPressをインストール
  3. WordPressの管理画面でデザイン(テーマ)を設定

という感じです。

ブログであればすぐに運用することが可能です。
Webサイトのような形にするには少し知識が必要です。

私のこのブログもWPで構築しています。
テーマも無料のものを使用。
設定など1日で可能です。

HTMLで自作

Webサイトの構築にはHTMLやCSS、PHP、JavaScriptといった様々な言語の知識が必要になります。

基本となるのがHTML(エイチティーエムエル)とCSS(カスケードスタイルシート)です。
これをテキストエディタに打ち込んで作って行きます。

HTMLやCSSには時代に合わせたバージョンがあり、現在はHTML5、CSS3が主流でルールが記述する際の決まっています。

基本的にWeb制作会社やフリーランスのWebクリエーターなどは、この方法で制作しており専門的な知識と技術が必要になります。

時間をかけても覚えたいという方は、書籍を買ったりネット上の情報を集めたりして身につけることも可能です。
スクールなどに通う方法もあります。

Web制作会社に依頼する

個人の場合は費用の面で難しいかもしれませんが、企業やお店の多くはWeb制作会社へ依頼するのが一般的です。

というのは商用の場合、ただ作るだけではなくて売上アップや集客目的など「宣伝ツール」としてWebサイトを活用する必要があるため、専門的な知識がある制作会社へ依頼するのが一般的になっているのです。

制作会社によって費用はまちまちですが、得意とする業種やコンテンツ、システムなどを見極めて依頼することをおすすめします。

また、Web制作会社は会社形式のところとフリーランスで活動している個人事業主がいますが、どちらが良いとは言えないので、様々なところへ問い合わせをして選ぶことをおすすめします。

まとめ

このようにWebサイトの制作方法は色々な形があります。
個人サイトか商用サイトかブログかなど、内容によって最適な方法が変わってきます。

Web

Posted by す〜